お気に入りの一枚を見つけて和装結婚式を

和装の結婚式といえば、白無垢に綿帽子や角隠しのような衣装を想像されるかもしれません。花嫁は、和装でも洋装でも結婚式には純白の衣装を着用する印象があるのではないでしょうか。

実際に、神前式の際には白無垢を着用し、披露宴で色打掛にお色直しをする花嫁が多いです。白無垢は、和装のなかでは最も格式の高い婚礼衣装とされていて、挙式のときのみ着用が許されています。披露宴で白無垢にお色直しをする花嫁は見たことがないのはこういった理由からです。

純白の白無垢とは対照的な和装として鮮やかな色や華やかな柄の色打掛があります。色打掛は披露宴で着用する花嫁が多い印象があるかもしれませんが、白無垢と同格の婚礼衣装とされているため、挙式での着用も可能です。

結婚式で着用する和装というと、白無垢や色打掛が有名ですが、未婚女性の礼装とされている振袖を披露宴で着用することもできます。なかでも、大振袖や本振袖とも言われる「引き振袖」は、格式の高い和装として江戸時代には武家の婚礼衣装として着用されていた和装です。

最近では、ドレスに使用される素材のオーガンジーを用いたオーガンジー和装や新和装と呼ばれる和装も人気があります。和装なのにドレスのふんわりとした軽やかさも表現でき、個性的で和モダンな衣装として注目を集めています。

オーガンジーは軽くて涼しげな素材のため、夏場の婚礼衣装としても提案されています。バックスタイルが、ドレスのロングベールのようにデザインされているものもあり、階段のある披露宴会場などに映えるような衣装もあります。

衣装は特に映像にも写真にも残るので、色やデザイン、素材など納得のいく1着で結婚式を迎えてください。

↑PAGE TOP